いか加工品専門 和平商店

いかの産地だから届けることができる“鮮度”と“能登のおいしさ”

  • TEL / 0768-74-0055
  • FAX / 0768-74-0089

能登小木いかの加工品を専門に製造 いかの産地 能登半島小木港

小木港は、青森県八戸港、北海道函館港に並ぶ、船凍いかの日本三大漁港のひとつで、いか釣り漁船一艘あたりの年間水揚げ額は日本一です。
和平商店は小木港の目の前に位置し、「能登小木いか」を使ったいかの加工品を専門に製造しています。

知る人ぞ知るブランドいか 小木の船凍いか

色でわかる鮮度抜群の小木の船凍いか

船凍いかは、船上から販売に至るまで冷凍流通が一貫しているため、ブランドいかとして「小木物」と呼ばれ、鮮度の良さと品質の高さが認められています。
鮮度の良さを判断する目安は色の濃さです。いかは釣った直後は透明、次が濃い茶色、次が茶色と白のまだら、最後が白い状態です。新鮮な状態と言えるのは2番目までの濃い茶色で、小木の船凍いかは濃い茶色で鮮度良さが見た目からも判断できます。

船凍いか鮮度の理由
船凍いか

小木いか

船凍いかイラスト

商品紹介

ページTOPに戻る